ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

小野龍猛 千葉ジェッツ・キャプテン

小野龍猛 千葉ジェッツ

「B.LEAGUE 2019-2019シーズン」の全日程と開幕カードが発表された。3シーズン目を迎える今回は、1シーズン目と同様、“先出し”開催が行われ、10月4日、船橋アリーナにおいて千葉ジェッツvs川崎ブレイブサンダースのカードが組まれている。観客動員数ナンバーワンを誇り、開幕カードを勝ち取った千葉ジェッツのキャプテン・小野龍猛は『Bリーグを取り巻く全ての人をハッピーにする』と宣言。小野龍猛とは。

【小野龍猛】

誕生日 1988年1月6日
出身地 東京都
ポジション PF/SF
背番号 34
身長 198cm
体重 100kg
出身校 立教新座中⇒國學院久我山高⇒中央大学

【小野龍猛の経歴】

立教新座中学校時代に、全中に出場。國學院久我山高校に進学し、3年次のウィンターカップでは洛南高校相手に52得点を記録した。中央大学に進み、2年次に2007年ユニバーシアード代表に選出されベスト4。2010年、トヨタ自動車に入社。2013年、千葉ジェッツに移籍。2014年、アジア競技大会で日本代表に選出され銅メダル獲得。2016-17シーズンからは千葉ジェッツのキャプテンに就任している。天皇杯の2017年 2018年 連続でベスト5に選出された。2018年4月14日キャリア8季目で個人通算3000得点を達成した。

【小野龍猛のプレイスタイル】

3Pシュートも打てる198cmの小野龍猛は、100kgの体格を持ち合わせているのでインサイドも強い。本職はスモールフォワードだが、ポストアップからのインサイドとパワーフォワードも任せられていて、いわゆる「ストレッチ4(シューティング技術、特にロングレンジの3ポイントなどに長けたパワーフォワードがアウトサイドから攻撃することで、マッチアップしている相手パワーフォワードが、アウトサイドへ誘い出す戦法)」を仕掛けられる選手。
また、「バスケの上手さとともに、ずる賢さがあり、得点を取るよりも、ゲームの中でうまくパスをつないでシューター陣を生かすプレイをしてもらいたい。大きい選手でパスをアウトサイドにさばける選手は少なく、それが上手い選手」と評価されている。

【天皇杯ベスト5】

2連覇となった天皇杯はPGの富樫勇樹が欠場。もう一人のPGの西村文男も脚を痛め、ベストには程遠い状態の中で大学3年生でポイントガードの経験があり、「僕は元々そういうポストアップからのアシストだったり、周りを活かすプレーも好きなので。自分でポストアップすれば相手のディフェンスも寄りますし。そういうプレーがもっといっぱい出せて、チームメイトが決めてくれれば、僕もすごく嬉しいですよ」と語る小野龍猛。天皇杯準決勝の京都ハンナリーズ戦で、小野龍猛は両チーム最多となる8アシストを記録。「龍猛のところには(身長の)アドバンテージがあるので。あそこが僕たちの起点だったし、自分たちのゲームのオフェンスを左右する一番のポジションだった。彼のポジションが『PG』みたいなものというか。あそこでゲームを僕たちが支配したと思います」と大野HCがコメント。また、決勝の第3クオーター、勝負所の3分間に3連続の3ポイントシュートを決め2連覇を決定づけるなどオールラウンダーの実力を発揮し、2年連続のベスト5に輝いた。

【最高のエンタテインメントを】

過去2シーズン、天皇杯を連覇することで実力を示したが、2016-17シーズンはクォーターファイナル(準決勝)で優勝チーム栃木ブレックスに、2017-18シーズンはファイナル(決勝)でアルバルク東京にと、2年連続で優勝チームに敗れリーグ優勝には手が届かなかった千葉ジェッツ。キャプテン小野龍猛が初のリーグ制覇という「最高のエンタテインメントを」見せられるか注目だ。

関連記事

  1. オールスター 富山 2019

    Bリーグオールスターゲーム2019in富山 メンバー決定

  2. 渡邊雄太 NBAプレ デビュー

    渡邊雄太 NBAプレシーズン鮮烈デビュー 豪快ダンク&同点3ポイントシュート

  3. 田中力 IMG

    田中力 次世代日本代表・司令塔 アメリカIMGアカデミー挑戦

  4. バスケ オーストラリア代表 アジアオセアニアの王者

  5. テーブス海 日本代表 バスケ ノースカロライナ

    テーブス海 バスケ男子日本代表選出

  6. 八村塁 日本一NBAに近い男 ドラフト上位指名なるか

  7. 渡辺飛勇

    バスケ男子日本代表 期待のビッグマン 新星・渡辺飛勇がアジア2次予選予備登録入り

  8. ステフィン・カリー キャリア編 ゴールデンステート・ウォリアーズ

  9. 安藤誓哉 アルバルク東京#3

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP