ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

ステフィン・カリー キャリア編 ゴールデンステート・ウォリアーズ

2018年9月10日~12日の3日間、2015年の夏以来、2度目の来日となるカリーの日本訪問。現在NBAを2連覇中のゴールデンステート・ウォリアーズを率いるステフィン・カリーはどのようにキャリアを積み上げてきたのか。前回の「パーソナル編」に続き、「キャリア編」でもピックアップ。
(下へ)

【ステフィン・カリーの学生時代】

ノースカロライナ州のシャーロット・クリスチャン高校に入学、彼は在学中チームを3回プレーオフに導き、カンファレンス優勝を3回果たした。またカンファレンス及び州のオールチームにも選ばれた。地元のデビッドソン大学に進学した。2006-07シーズンの1年目はサザン・カンファレンストップの平均21.5得点、NCAAの1年生3ポイントシュート成功数新記録である113本目の3ポイントシュートを成功させ、デビッドソン大学を29勝5敗でサザン・カンファレンス優勝へ導き、自身も新人王やトーメントMVPに輝いた。2007-08シーズン、カンファレンス内の対戦では20戦全勝を果たし、3年連続NCAAトーナメント出場を決め、前年のトーナメントでファイナル4に残ったジョージタウン大学を撃破を含めエリート8に進出。NCAAオールアメリカンセカンドチームに選出される。2008-09シーズンはNCAAトーナメント出場はならなかったものの、ステフィン・カリー自身は平均28.9得点を記録し、NCAAオールアメリカンのファーストチームに選ばれた。3年生終了後、2009年のNBAドラフトにアーリーエントリーを宣言。高校の最終学年当時、身長が183cmでメジャーカンファレンスに所属する大学からの奨学金オファーを受けることができなかったが191cmまで成長していた。

【NBAでのキャリア】

2009年のNBAドラフトにおいて、ゴールデンステート・ウォリアーズから全体7位指名を受けた。
ルーキーイヤーである2009-10シーズン。オールルーキーファーストチームに選出され、月間最優秀新人賞を3回受賞するもタイリーク・エバンスに次ぐ投票2位となり新人王は逃した。
怪我明けの2012-13シーズン。ゴールデンステート・ウォリアーズと4年4400万ドルの契約延長を果たした。ニューヨーク・ニックス戦で歴代3位の記録である54得点をあげる。また、47勝35敗でキャリア初のプレイオフ出場を果たす。
2013-14シーズン、NBAオールスターゲームではファン投票でスターター、そしてオールNBAセカンドチームに選ばれた。ゴールデンステート・ウォリアーズが王者として歩み始めたこの年、ステフィン・カリーもNBAオールスターゲームで全選手最多の投票を集める。3年連続出場、レギュラーシーズンの好調のままに臨んだプレーオフ、NBAファイナルでイースタン・カンファレンス王者クリーブランド・キャバリアーズとを撃破し、1975年以来40年振りのNBAチャンピオンに導いた。ステフィン・カリーも初のMVPを受賞した。
2015-16シーズンはレギュラーシーズン73勝9敗とNBA記録を更新し、順調にプレーオフに進出するが前年度MVPプレイヤーとして執拗なディフェンスに苦しめられ、ケガに泣かされる。辛くもNBAファイナルに進出するが前年同様クリーブランド・キャバリアーズと対戦、接戦のうえ敗れてしまう。しかし、ステフィン・カリー自身は、得点王、スティール王、402本の3ポイントシュートなど、記録づくめとなり、NBA史上初の満票でのMVを獲得。2年連続MVP受賞となった。
2016-17シーズン、2017年NBAオールスターに4年連続で選出され、2年連続で先発。チームはリーグ首位の67勝15敗で終え、カンファレンスプレーオフも問題なく12戦全勝、3年連続のクリーブランド・キャバリアーズとのNBAファイナルではリベンジに成功し、2度目のNBAチャンピオンに輝いた。ステフィン・カリー自身はオールNBAチームセカンドチームに選出され、シーズン終了後、ゴールデンステート・ウォリアーズと5年2億100万ドルの再契約に合意。
2017-18シーズン、チーム史上初となる5年連続でのオールスター出場。チームキャプテンとなり、オールスター初となるオールスタードラフトでチーム・ステフィン(対するはチーム・レブロン)を構成した。レギュラーシーズン、ユタジャズに最終戦で大敗(79-119)を喫するが58勝24敗で終了。プレーオフ進出もステフィン・カリーがひざの負傷により、セカンドラウンドまで欠場、ヒューストン・ロケッツに追い詰められながらも、NBAファイナルに勝ち進んだ。ファイナルの相手、因縁のクリーブランド キャバリアーズに4連勝を納め、4年間の中で3回目、2連覇に輝いた。

【人格者・ステフィン・カリー】

「I can do all things」(なんでもできる)を信条とし、前回の来日では「お前のサイズや技術ではこれが限界だと言われようとも、自分で高い目標を設定して、そこに向かって突き進むんだ。」とアドバイスを送ったステフィン・カリー。今回の来日では何を伝えてくれるのか。

関連記事

  1. インカレ2019 優勝決定 男子・東海大 女子・東京医療保健大

  2. ウィンターカップ2018 岐阜女子・女子優勝

    【女子決勝レビュー】ウィンターカップ2018 岐阜女子・女王決定

  3. 川崎ブレイブサンダース 2018-19 Bリーグ

    川崎ブレイブサンダース Bリーグ 2018-19シーズンデータ

  4. レバンガ北海道 Bリーグ2018-19 

    レバンガ北海道 Bリーグ 2018-19シーズンデータ

  5. wintercup2018 福岡第一

    【未来の日本代表】男子バスケ界の育成世代ヒーロー 富永啓生 河村勇輝 クリスタル・ボヘミアカップ

  6. 三遠ネオフェニックス Bリーグ 2018-19.

    三遠ネオフェニックス Bリーグ 2018-19シーズンデータ

  7. 【試合レビュー】バスケ男子日本代表 ワールドカップ2次予選ホーム・カザフスタン戦 ワールドカップ出場…

  8. イラン戦 男子日本代表

    バスケ ワールドカップ 2次予選 イラン戦勝利を現地レポート

  9. シーホース三河 Bリーグ 2018-19

    シーホース三河 Bリーグ 2018-19シーズンデータ

最近の記事

  1. コービー・ブライアント
  2. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  3. Bリーグ プレーオフ
  4. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー

おすすめ記事

  1. コービー・ブライアント
  2. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  3. 日本代表 アカツキファイブ
  4. FIBAWC2019
  5. クレイ・トンプソン
PAGE TOP