ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

NBAサマーリーグとは 渡邊雄太の挑戦

【NBAサマーリーグとは】

NBAサマーリーグは、NBAのシーズンオフに行われるリーグ戦で、ラスベガスサマーリーグとオーランドサマーリーグから成る。各チームが、前シーズンのラインアップとは異なる選手を試すためにリーグに招待する。
NBAドラフトが終わり、指名を受けた選手の大半は7月に開催されるサマーリーグに出場する。ドラフトで指名された新人にとってはスターへの第一関門。NBAレベルにうまく適応できるかを実戦でチームの首脳陣にアピールする機会。また、惜しくもドラフトで指名されなかった選手や海外プレイヤーなどNBAで実績のない未契約の選手も参加できるため、彼らにとってもチームとの契約を勝ち取る戦場となる。

NBAのスター選手は出場しないが、ドラフト指名を争ったライバル、新人王候補、無名の選手が新しいスター選手として輩出されるため注目も高く、その代表格はNBA最優秀選手でありゴールデンステイト・ウォリアーズのチームメイトでもあるステフィン・カリーとケビン・デュラント。多くのスター選手がラスベガスでそのキャリアをスタートさせている。

【NBAサマーリーグ2018開催】

NBAサマーリーグ2018はラスベガスでのみ開催されるが、今年で14回目にして初めて全30チームが参戦。7月の6~17日(日本時間7~18日)にネバダ大学ラスベガス校のキャンパスにあるトーマス&マック・センターとコックス・パビリオンで開催される。
全チームが参戦することを受けて、NBAサマーリーグ2018は12日間で82試合と、これまでよりもスケジュールを拡張。トーナメントスタイルは継続される。各チームは3試合の予選を戦い、その結果をもとにシード分けされ、トーナメントを勝ち上がったチームによる決勝戦が7月17日(日本時間18日)に行なわれる。各チームは最低で5試合、最大8試合プレイする
NBAサマーリーグは2004年に始まり、当時は6チームが合計13試合プレイしていた。

【日本人とNBAサマーリーグ】

過去には田臥勇太、川村卓也、竹内公輔、富樫勇樹もサマーリーグに参戦している。
2014年にダラス・マーベリックスからサマーリーグに参加した富樫勇樹は、決勝トーナメント1回戦、対シャーロット・ホーネッツ戦にベンチから出場も合計10分51秒プレー。3ポイントシュート2本中2本成功を含む、フィールドゴール7本中5本成功で12得点をあげた。
第1クォーター、交代でコートに登場した富樫勇樹は、残り3.1秒にジャッキー・カーマイケルからのパスを左コーナーで受けて「NBA初得点」となる3Pを沈めた。

【渡邊雄太とNBAサマーリーグ】

今年のサマーリーグには、日本人史上2人目のNBA選手を目指す渡邊雄太が出場することも決まった。ジョージ・ワシントン大学をこの春に卒業した渡邊は、ドラフトで指名がかからなかったものの、ブルックリン・ネッツからサマーリーグに出場することを発表した。

サマーリーグデビュー戦 オーランド・マジック戦。ベンチスタートから20分間の出場。6本中2本の3ポイントショット成功を含む8得点、4リバウンド、2アシスト、2ブロックを記録。チームは敗れ、序盤の無得点時間は長かったものの、ウェス・アワンドゥのショットをブロックしたことをはじめ、ジョナサン・アイザックを自由にさせなかったディフェンス力でアピールに努めた。
サマーリーグ2試合目はオクラホマシティ・サンダーと対戦。チーム最長となる27分39秒に出場。13得点5リバウンド2スティール4ブロックと活躍。出場直後、相手大型センター、ダカリ・ジョンソンのレイアップをブロック。さらにフリースローと3ポイントショットで5得点をあげる絶好のスタートを切る。試合終盤にはドライブから両手のダンクも決めた。また、初戦では試投数0本だったフリースローを6本全て成功。

次回は7/11ネッツ vs ティンバーウルブズ(コックス・パビリオン)でそれ以降の試合日程は3試合の結果次第。

【ブルックリン・ネッツ】
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークブルックリン区に本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。イースタン・カンファレンス、アトランティック・ディビジョン所属。
1977年にニュージャージーに移転して以来「ニュージャージー・ネッツ」と名乗っていたが、2012年に本拠地をブルックリンに移し「ブルックリン・ネッツ」に改称した。
チーム成績は低迷しており、17-18シーズンは28勝54敗とイースタン カンファレンス12位に沈んでいる。

関連記事

  1. wintercup2018

    ウインターカップ2018 出場校・組み合わせ決定

  2. オーストラリア フィリピン 乱闘 処罰

    FIBAワールドカップアジア1次予選 オーストラリア代表対フィリピン代表戦の処罰は日本代表に不利なも…

  3. アジア大会 2018 チャイニーズ・タイペイ

    アジア競技大会2018ジャカルタ 5人制バスケ男子 初戦のチャイニーズ・タイペイ黒星

  4. 日本バスケットボール協会

    【バスケットボール 歴史】日本バスケ界のこれまで

  5. NBAドラフトの仕組み タンク対策のロッタリー

  6. スペイン戦 バスケ 女子日本代表

    スペイン戦 バスケ 女子日本代表 ワールドカップ2018 惜敗

  7. B.LEAGUE AWARD SHOW 2017-18 MVP 比江島慎

  8. 八村塁 日本一NBAに近い男 ドラフト上位指名なるか

  9. 大神 雄子 女子バスケ界のレジェンド

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP