ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

第40回ウィリアム・ジョーンズカップ男子 3連戦 チャイニーズタイペイ・イラン・インドネシア

第40回ウィリアム・ジョーンズカップ

チャイニーズ・タイペイにて「第40回ウィリアム・ジョーンズカップ」が開幕。
7月14日チャイニーズ・タイペイ代表A、7月15日イラン代表、7月16日インドネシア代表と対戦した。FIBAランキングでは日本代表が49位に対しチャイニーズ・タイペイ代表が57位、イラン代表が25位、インドネシア代表が103位。

【初日・57位チャイニーズ・タイペイ代表戦】

ベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)、西川貴之(シーホース三河)、佐藤卓磨(滋賀レイクスターズ)、平岩玄(東海大学3年)、中西良太(熊本ヴォルターズ)がスターターに名を連ね、インサイドの調子がよく31-24で前半を折り返した。第3クォーター、去年のユニバーシアードで活躍しャイニーズ・タイペイの次世代司令塔と呼び声高いチェン・インジュンに攻められ50-51と逆転を許す。第4クォーターもチャイニーズタイペイにペースを握られる。コートに戻ったベンドラメ礼生が息を吐くが、67-74で終了。

【15日・25位イラン代表】

2日目は、初戦、リトアニア代表に76ー48と圧勝したイラン代表と対戦。スターターはベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)、西川貴之(シーホース三河)、佐藤卓磨(滋賀レイクスターズ)、中西良太(熊本ヴォルターズ)は変えず、平岩玄(東海大学3年)をシェーファーアヴィ幸樹だけ変更、格上相手にどこまでやれるかという試合だが開始3分でそのシェーファーアヴィ幸樹がパーソナルファウル3つでベンチへ下がるアクシデントが発生。15名のロスターのうち5名が2メートル越えのイラン代表、ゴール下を占拠され、16-20で第1クォーターを終える。第2クォーターは橋本拓哉(大阪エヴェッサ)、井上宗一郎(筑波大学1年)をコートに送りこむと両チームスコアが伸びず拮抗し、30ー35で前半終了。第3クォーター、中西良太の得点と橋本拓哉と杉浦佑成の3ポイントシュートで得点を重ねるも、日本のターンオーバーも増え、51-61で最終クォーターを迎える。追いつきたい日本だが第4クォーター最初にイラン代表に5点を先制され、51-66と15点差。そのまま点差は縮まることなく61-78で試合終了。初日に続き、ターンオーバー20、2連敗となった。

【16日・103位インドネシア代表】

インドネシア代表は初日韓国代表と対戦し86-92、2日目はカナダ代表と対戦し59-88と2連敗。2連敗同士の対戦となった3日目。日本代表は初日のスターターに戻し、ベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷)、西川貴之(シーホース三河)、佐藤卓磨(滋賀レイクスターズ)、平岩玄(東海大学3年)、中西良太(熊本ヴォルターズ)で開始。インドネシア代表の立ち上がりが良く、2-11とリードを許すが開始直後に佐藤卓磨と交代した橋本拓哉が3ポイントシュートを決め反撃開始。第1クォーター25点中9点を決める活躍を見せる。さらにテーブス海のアシストも冴え、25-16で第1クォーター終了。第2クォーターはベンドラメが7得点をマークし、さらに点差を広げ42-27と15点差で前半終了。後半、第3クォーターは拮抗するが、61-44で始まったファイナルクォーター、日本代表は主力をベンチに下げるもテーブス海を中心にパスがよく回り、ノーマークでの3ポイントシュートが次々決まり、第4クォーターだけでも27点を稼いだ。88-55で試合終了。3ポイントシュートは16本入り、成功率は48%をマーク。初勝利を挙げる。

【今後の日程】

3試合を終え、1日の休日を挟んだ後、18日にフィリピン代表、19日リトアニア代表、20日韓国代表、21日チャイニーズ・タイペイB代表、最終日カナダ代表と5日連続という過密スケジュールが予定されている。

男子日本代表選手メンバー

1 中西良太(C / 熊本ヴォルターズ)
5 テーブス海(PG / ノースカロライナ大学ウィルミントン校)
9 ベンドラメ礼生(PG / サンロッカーズ渋谷)
13 橋本拓哉(SG / 大阪エヴェッサ)
14 杉浦佑成(SF / サンロッカーズ渋谷)
16 並里成(PG / 琉球ゴールデンキングス)
17 鎌田裕也(PF / 川崎ブレイブサンダース)
20 西川貴之(SG / シーホース三河)
25 平岩玄(C / 東海大学)
30 今村佳太(SF / 新潟アルビレックスBB)
32 シェーファー・アヴィ幸樹(C / ジョージア工科大学)
35 高橋耕陽(SG /滋賀レイクスターズ)
41 佐藤卓磨(SF /滋賀レイクスターズ)
65 玉木祥護(PF / 筑波大学)
75 井上宗一郎(C / 筑波大学)

関連記事

  1. ステフィン・カリー パーソナル編  ゴールデンステート・ウォリアーズ

  2. 三井不動産カップ カナダ

    女子 バスケ 日本代表 国際強化試合2018 三井不動産カップ カナダに2連勝利

  3. カタール戦 日本代表 バスケ ホーム 

    【試合レビュー】バスケ男子日本代表 ワールドカップ予選 カタール戦

  4. wintercup2018 福岡第一

    【未来の日本代表】男子バスケ界の育成世代ヒーロー 富永啓生 河村勇輝 クリスタル・ボヘミアカップ

  5. Bリーグ チャンピオンシップセミファイナル分析予想

  6. B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18 ファイナル アルバルク東京VS千葉ジェッ…

  7. ジョーンズカップ ワールドカップ 女子 最終

    ウィリアム・ジョーンズカップ U17 ワールドカップ2018 女子 最終結果

  8. FIBA 3x3 U23 Nations League 2018

    FIBA 3×3 U23 Nations League2018 女子優勝

  9. 日本代表の課題にベストマッチ ニック・ファジーカス

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP