ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

【世界最高峰】NBAオールスター2019 キャプテン&スターターが決定 変更されたチーム編成とは

nba-all-star-2019 NBAオールスター
  1. 【NBAオールスター 変更されたチーム編成方法】

NBAオールスター2019のスターター10名とキャプテンが発表された!
NBAのオールスターは去年・2018年からチーム編成方法が変わっており、従来の、ウェスタン・カンファレンス(東地区)対イースタン・カンファレンス(西地区)の対決ではなく、各カンファレンスでトップ投票だった選手をチームキャプテンとし、投票によって選出されたスターターとリザーブ(控え選手)から、両チームのキャプテンがカンファレンスを考慮せずに各選手を指名(ドラフト制)してチームを編成。

チーム編成はキャプテンの指名(ドラフト制)となったが、24名(各カンファレンスから12選手ずつ)のオールスター選手の「選出方法」は変化なし。各カンファレンスでガード2名、フロントコート3名ずつのスターター合計10選手は、ファン投票、選手投票、メディア投票の3部門投票で決定。リザーブ(控え選手)のガード2選手、フロントコート3選手、ポジションフリーの2選手の合計14選手はNBAのヘッドコーチたちが選出。

変更後2回目となるNBAオールスター2019は、ウェスタン・カンファレンスからレブロン・ジェームズ(フロントコート/ロサンゼルス・レイカーズ)、イースタン・カンファレンスからヤニス・アデトクンボ(フロントコート/ミルウォーキー・バックス)が、キャプテンに輝いた。

nba-all-star-2018 NBAオールスター2018

【白熱勝負になった!?NBAオールスター2018】

チーム編成方法が変更となった去年のNBAオールスター2018はチームレブロンとチームステフィンの対決となった。例年のオールスターはシーズン中に行われることもあり、怪我へも懸念もあり、厳しいディフェンスは行われず、スリーポイントやダンクシュートの応酬となりイベント要素の強いものだったが、逆に言えば勝敗にこだわらない「緊張感」のない試合となっていた。そこで、NBAオールスター2018は、「賞金」が上がり、さらに「ドラフト制」で選ぶ側にも選ばれる側にも責任感を持たせ、緊張感ある「勝負」として成立させる試みに出た。
結果的には、攻撃時の選手に対し、ディフェンス側が手と腕で触れる「ハンドチェック」や味方ディフェンスが相手の選手に抜かれた時に助けに行く「ヘルプディフェンス」など、シーズン中に行われるディフェンスが積極的に行われ、逆にオフェンスでもボールの無いところでフリーのシューターを作り出す「フレアスクリーン」も飛び出し、真剣勝負となった。
残り6分半で13点を追っていたチームレブロンは、残り1分半で144-144の同点に持ち込むほどのアーリーオフェンスを見せ、コート外にボールが出た時にはどちらのチームが出したか口論になるほど白熱。残り30秒で3点差をつけ逆転したチームレブロンは、同点にかけるステフィン・カリーをレブロン・ジェームズとケビン・デュラントが2人がかりでシュートを打たせることなくがっちりディフェンス。
両チームとも公式戦のような喜びと悔しい表情を浮かべ、観客も大盛況。MVPには29点、10リバウンド、8アシストの大活躍でキャプテンのレブロン・ジェームズが受賞した。

NBAオールスター2018 レブロン MVP

【NBAオールスター2019 ウェスタン・カンファレンススターター】

レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)
ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ポール・ジョージ(オクラホマシティ・サンダー)
ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)

レブロン・ジェームズ

【NBAオールスター2019 イースタン・カンファレンススターター】

ヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)
カワイ・レナード(トロント・ラプターズ)
ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)
カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)
ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ)

ヤニス・アデトクンボ NBAオールスター

15回目のオールスター選出となったレブロン・ジェームズは、カリーム・アブドゥル・ジャバーの19回、コービー・ブライアントの18回に次ぐ、史上3位タイの選出回数となった。その他、ケビン・デュラントの10回目、ジェームズ・ハーデンの7回目、ステフィン・カリーの6回目などオールスター出場常連をはじめ、ケンバ・ウォーカー(ガード/シャーロット・ホーネッツ)はNBAオールスター2019の開催地であるシャーロットを本拠地に置くシャーロット・ホーネッツから選ばれ、自身初のオールスター先発出場。

 

【NBAオールスター2019 今後の日程】

ヘッドコーチ投票で選出されるリザーブ選手(合計14選手)は1月31日(日本時間2月1日)
レブロン・ジェームズとヤニス・アデトクンボの両キャプテンによるドラフト指名2月7日(日本時間2月8日)に発表予定。

そして、昨年同様の白熱試合が予想される、レブロン・ジェームズチーム・レブロンとチーム・ヤニスのオールスター2019は、2月17日(日本時間2月18日)にノースカロライナ州シャーロットのスペクトラム・センターで対決!!うーん、かつ目だ!

関連記事

  1. バスケットボール女子日本代表国際強化試合2018 チャイニーズ・タイペイ戦

  2. 三井不動産カップ カナダ

    女子 バスケ 日本代表 国際強化試合2018 三井不動産カップ カナダに2連勝利

  3. 横浜ビーコルセアーズ Bリーグ 2018-19

    横浜ビーコルセアーズ Bリーグ 2018-19シーズンデータ

  4. チャンピオンシップセミファイナル分析予想2

  5. 新潟アルビレックスBB Bリーグ 2018-19

    新潟アルビレックスBB Bリーグ 2018-19シーズンデータ

  6. NBA開幕 優勝候補筆頭 ゴールデンステート・ウォリアーズ

    NBA開幕 優勝候補筆頭 ゴールデンステート・ウォリアーズ

  7. 渡邊雄太 NBAプレ デビュー

    渡邊雄太 NBAプレシーズン鮮烈デビュー 豪快ダンク&同点3ポイントシュート

  8. ステフィン・カリー パーソナル編  ゴールデンステート・ウォリアーズ

  9. シーホース三河 Bリーグ 2018-19

    シーホース三河 Bリーグ 2018-19シーズンデータ

最近の記事

  1. コービー・ブライアント
  2. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  3. Bリーグ プレーオフ
  4. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー

おすすめ記事

  1. コービー・ブライアント
  2. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  3. 日本代表 アカツキファイブ
  4. FIBAWC2019
  5. クレイ・トンプソン
PAGE TOP