ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

【最強への挑戦決定】バスケ男子日本代表 ワールドカップ2019 予選組み合わせ決定

ワールドカップ予選 組み合わせ コービー

4連敗のあとの8連勝で見事ワールドカップを決めたバスケ男子日本代表。その注目の組み合わせが決定。
組み合わせを担当したのは、自身が代表として出場した国際試合31試合全勝負けなしであった、NBAの伝説プレイヤー、ブラックマンバことコービー・ブライアント。「Japan」の札が掲げられ、男子日本代表が組み込まれたグループは、そのコービー・ブライアントが築いた世界最強国アメリカと同じグループE。

予選第3試合、9月5日に早々と世界一への挑戦が決定!!

【FIBAバスケットボールワールドカップ2019 予選グループ組み合わせ】

・グループA
中国(30位)
ベネズエラ(20位)
ポーランド(25位)
コートジボワール(64位)

・グループB
アルゼンチン(5位)
ロシア(10位)
韓国(32位)
ナイジェリア(33位)

・グループC
スペイン(2位)
プエルトリコ(16位)
イラン(27位)
チュニジア(51位)

・グループD
セルビア(4位)
イタリア(13位)
フィリピン(31位)
アンゴラ(39位)

・グループE
アメリカ(1位)
トルコ(17位)
チェコ(24位)
日本(48位)

・グループF
ギリシャ(8位)
ブラジル(12位)
モンテネグロ(28位)
ニュージーランド(38位)

・グループG
フランス(3位)
ドミニカ共和国(18位)
ドイツ(22位)
ヨルダン(49位)

・グループH
リトアニア(6位)
オーストラリア(11位)
カナダ(23位)
セネガル(37位)
ワールドカップ予選 組み合わせ 一覧

【FIBAバスケットボールワールドカップ2019 競技方式】

≪1次ラウンド≫ 2019年8月31日(土)~9月5日(木)
・出場全32か国を、4か国ずつ8グループ(A~H)に分け、各グループで1回戦総当たり戦を行い、グループ毎に
1位から4位を決定。
※1次ラウンドの各国の結果は、以降も持ち越しされる。
・各グループの上位2か国、計16か国が、2次ラウンドに進出。
・各グループの下位2か国、計16か国による、17位-32位決定戦を行う。

≪2次予選≫ 2019年9月6日(金)~9月9日(月)
・1次ラウンドのグループを2グループずつ統合し、4か国ずつ4グループ(I~L)に分け、グループ内の1次予選で対戦が無い国と1回戦総当たり戦を行う。
(A、B→Iグループ / C、D→Jグループ / E、F→Kグループ / G、H→Lグループ)
・各グループの上位2か国、計8か国が、決勝トーナメントに進出。
・各グループの下位2か国、計8か国による順位決定戦は行わず、FIBA公式ルールに則り、9位-16位を決定。

≪決勝トーナメント≫ 2019年9月10日(火)~9月15日(日)
・準々決勝以降の決勝トーナメントは、ノックアウト方式で対戦。
・3位-8位の各順位決定戦も行う。
ワールドカップ2019

【日本代表の予選突破はあるか、チェコ代表・トルコ代表の強さ】

FIBAランキング48位の日本代表はヨルダン(49位)チュニジア(51位)コートジボワール(64位)の3ヵ国以外は格上だ。1次ラウンドグループでもアメリカはもちろん、チェコ(24位)トルコ(17位)はランキング上は敵う相手ではない。しかし、ワールドカップ予選で、日本代表はフィリピン(31位)イラン(27位)そして、オーストラリア(11位)に勝利している。
そんな立場の日本代表が、1次ラウンドグループから2次ラウンドに進むには上位2チームに入る必要性がある。グループ1位はアメリカだろう。間違いない。では、2位進出はあり得るのか。同グループの相手を見てみよう。
日本代表 アカツキファイブ

【チェコ代表(24位)】

過去ワールドカップに4回、オリンピックにも7回出場しているが、チェコになって(1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離。)からはまだオリンピック・世界選手権出場なし。
しかし、チェコ代表は、田臥勇太、比江島慎、渡邊雄太など当時のベストメンバーで挑んだリオデジャネイロオリンピック予選の最終戦で対戦。71-87と16点差で完敗し、男子日本代表の40年ぶりオリンピック出場に終止符を打った因縁の相手である。
チェコ

【トルコ代表(17位)】

NBA選手も多く輩出し、2011年のNBAドラフト、1巡目全体3位指名を勝ち取った現・ニューヨーク・ニックスのエネス・カンター。シカゴ・ブルズに復帰したオメル・アーシュク。ミルウォーキー・バックスのエルサン・イルヤソバ。クリーブランド・キャバリアーズのセディ・オスマン。2016-17シーズンFIBAバスケットボール・チャンピオンズリーグの最優秀若手選手賞を受賞したフィラデルフィア・76ersのフルカン・コルクマズと各ポジションにNBA級を揃えたヨーロッパの強豪。2010年自国開催の世界選手権で準優勝に輝いたが、1952年のヘルシンキ以降果たされていないオリンピック出場を目指している。
トルコ

日本バスケ男子はアメリカはもちろん、ヨーロッパのチームに勝利したことがない。今回の予選は、初戦トルコ代表戦でヨーロッパへの挑戦を、第2戦チェコ戦で過去へのリベンジを、そして、第3戦アメリカ戦で世界における日本代表の現在地をはかる、とても意味のある組み合わせだと思う。日本一丸で挑みたい。

関連記事

  1. NCAAトーナメント マーチマッドネス

    【2019年3月バスケ見どころ】第20回Wリーグプレーオフ NCAAトーナメント

  2. Bリーグ プレーオフ

    【大詰め】地区優勝決定 決まるプレーオフ 新たな壁「ライセンス」

  3. wintercup2018 福岡第一

    【未来の日本代表】男子バスケ界の育成世代ヒーロー 富永啓生 河村勇輝 クリスタル・ボヘミアカップ

  4. FIBAWC2019

    【2019年2月バスケ見どころ】NBAオールスター2019 ワールドカップ2019 2次予選Wind…

  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター

    【世界最高峰】NBAオールスター2019 キャプテン&スターターが決定 変更されたチーム編成とは

  6. オールスター 富山 2019

    Bリーグオールスターゲーム2019in富山 メンバー決定

  7. 【2019年1月バスケ見どころ】天皇杯・皇后杯 Bリーグオールスター マーティン・ルーサー・キングJr.デー

    【2019年1月バスケ見どころ】天皇杯・皇后杯 Bリーグオールスター マーティン・ルーサー・キングJ…

  8. オールスターゲーム カイル・クーズマ

    NBAオールスター2019 ライジングスターズ MVP カイル・クーズマ

  9. 天皇杯 千葉ジェッツ 優勝 富樫勇樹 三連覇

    【激闘レビュー】三連覇・千葉ジェッツ 名勝負ばかりの天皇杯

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP