ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

Bリーグ セミファイナル・ゲーム2 シーホース三河VSアルバルク東京

ゲーム1はオーバータイム(延長戦)の末、アウェイであるアルバルク東京が勝利し、後のなくなったシーホース三河。
第四クォーターに失速し、追いつかれてしまったゲーム展開を修正できるのか。

【オフボールディフェンスの徹底・アルバルク東京】

ゲーム2もゲーム1と同様、出だしがかたく、2分を超えても得点は比江島慎と田中大貴の両エース1本ずつ。その後、アレックス・カークとコートニー・シムズのインサイド巨人対決が数本続き、試合に流れが出始める。7分が経ち、12-12から馬場雄大がダンクを決めアルバルク東京の14-12と逆転。馬場雄大、そしてオフボールディフェンスの調子が良い、アルバルク東京。第一クォーターは21-12と9点差で終了。

【金丸晃輔の孤軍奮闘】

第二クォーターもアルバルク東京が先行するも、ミドルレンジのシュートの成功率が上がらず、対して攻守ともに調子が良いのは第二クォーターまで温存されていた金丸晃輔。
第二クォーター残り4:11、金丸晃輔が2本のフリースローを沈め、ついに逆転。
第二クォーター残り01:44、3ポイントシュートを含めシュートが決まり始めた田中大貴が足の負傷で一時退場。33-27、6点ビハインドのシーホース三河は比江島慎のアイソレーション。見事にフリースローを勝ち取る。1本落とし、33-28点、シーホース三河が5点差に縮めて前半終了。

【最大の15点差】

ゲーム2、両チームともオフボールディフェンスが激しく、開始早々、アルバルク東京がボールの無いところで立て続けにファウル。
しかし、アルバルク東京は速攻を2本決め、39-29と10点差をつける。さらにコートニー・シムズのヘルプの遅さに付け込まれ安藤誓哉が得点、12点差。ターンオーバーが止まらないシーホース三河、一方、冷静に3ポイントシュートを決める田中大貴、最大の15点差。アイザック・バッツが最後にフリースローを1本沈め55-41の14点差で第三クォーター終了。
試合時間が5秒も狂っていたり、アルバルク東京のルカHC(ヘッドコーチ)がテクニカルファウルを受けたり、オンザコート1のシーホース三河に外国籍選手が2名いたりと異様な雰囲気の会場。

【比江島タイム】

第四クォーターもシーホース三河のターンオーバーからアルバルク東京の速攻、馬場雄大のダンクで開始。
シーホース三河のディフェンス面ではアルバルク東京・田中大貴のスネイクドライブをいまだ止められず、しかし、シーホース三河のオフェンス面では金丸晃輔、比江島慎で反撃を開始し、比江島慎の絶妙リバースショットなどで徐々に点差を縮め、残り4分、62-53と1桁に。
さらに、アルバルク東京が5ファウルになるやいなや、比江島慎は連続でファウルをもらいに行き、フリースローを沈め、残り1:14で62-58と4点差。
アレックス・カークがやはりアイザック・バッツのスペースからミドルシュートを決めるが、お返しにとアイザック・バッツがバスケットカウント、ワンスロー。フリースローも沈め、3点差。
安藤誓哉のシュートが外れ、残り25秒、3点差。シーホース三河は3ポイントシュートを決めるしかない状況。任されたのはやはり、エース・比江島慎。
連続のスクリーンを使って放たれたシュートはリングへと沈み、64-64、見事同点、会場は総立ち。これぞ、比江島慎を見せつけた。
最後の10秒間、アルバルク東京の全てを任された田中大貴のシュートを比江島慎がブロックショット。ゲーム1に続き、2日連続のオーバータイム(延長)へ。

【オーバータイム(延長戦)】

オーバータイムに入っても、比江島タイム。早速の比江島ステップで逆転。馬場雄大の鋭いドライブを読み切るも、ディフェンスファウルでフリースローを与え、再逆転を許した金丸晃輔。お返しにと3ポイントシュートを沈め、冷静な男・金丸晃輔が小さくガッツポーズ。
しかし、アルバルク東京のアリウープ、5ファウルからのフリースローで73-71と2点ビハインドのシーホース三河。残り15秒、ゲーム3へ望みをつなぐ比江島慎の3ポイントシュートが外れ、アルバルク東京がファイナル、横浜アリーナ行きを決めた。

関連記事

  1. インターハイ 男子

    高校バスケ インターハイ 2018 男子決勝 開志国際初優勝

  2. カタール戦 日本代表 バスケ ホーム 

    【試合レビュー】バスケ男子日本代表 ワールドカップ予選 カタール戦

  3. Bリーグ クォーターファイナル第1戦 琉球ゴールデンキングスVS名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

  4. FIBA U18 アジア選手権大会2018 順位

    U18 男子日本代表 アジア選手権大会2018 結果

  5. 【豪華共演をレビュー】Bリーグオールスター2019in富山 MVP・大塚裕土

  6. 八村塁 MVP

    八村塁 デューク大学のスター軍団を撃破 優勝&MVP

  7. ジョーンズカップ ワールドカップ 女子 最終

    ウィリアム・ジョーンズカップ U17 ワールドカップ2018 女子 最終結果

  8. アカツキファイブ日本代表 オーストラリア戦 試合レビュー

  9. バスケ アカツキファイブ 男子日本代表国際強化試合2018 韓国戦

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP