ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

試合レポート【Bリーグ第23節ゲーム1】千葉ジェッツvs栃木ブレックス

3月17日、船橋アリーナでB1リーグ第23節第1戦の千葉ジェッツvs栃木ブレックスが行われた
激戦の東地区の両チーム、勝ち星では首位アルバルク東京に並び、離されたくない千葉ジェッツ。
ワイルドカード(各地区3位以下のうち勝率上位2チーム)争いでチャンピオンシップ出場圏内2位の栃木ブレックス。
ともに負けられない状況が続くチームを率いるのは日本代表PG富樫勇樹とレジェンドPG田臥勇太
5155名の大観衆が見守るこの注目カードはアウェイの栃木が試合終了残り4分11秒から12点ビハインドを跳ね返し、73-71の劇的な逆転勝利を収めた。

注目ポイントは
「栃木のオンザコート、2・1・1・2」
「コート上最速男・富樫勇樹」
「LAST4分の逆転劇」

「栃木のオンザコート、2・1・1・2」
千葉のオンザコート(各ピリオドに出場できる外国籍選手の上限)が「1・2・1・2」に対し、栃木のオンザコート「2・1・1・2」
第1クォーターから勝負を仕掛けた栃木は、高い位置からプレッシャーを掛け、千葉にイージーシュートを許さず、
田臥勇太の速攻、遠藤祐亮の3ポイントシュートで開始2分半で10-0と作戦成功。
栃木のジェフ・ギブスが個人ファウル2つでベンチに下がり、オン「2」の優位を失い、千葉・富樫勇樹のドライビングレイアップ、小野龍猛の3ポイントシュートで点差を詰められるも、「18対15」と栃木3点リードで第1クォーター終了。

「コート上最速男・富樫勇樹」
第2クォーターで富樫勇樹のエンジンがさらにかかってくる。
富樫勇樹がコートを駆け巡り、千葉のレオ・ライオンズ、石井講祐を生かし、ついに第2クォーター開始4分10秒、マイケル・パーカーのゴール下で、24-23と千葉が逆転。同6分40秒には、富樫勇樹が一気にギアを入れ替え加速、田臥勇太を置き去りにしゴール。

栃木も田臥勇太のレイアップ、喜多川修平の3ポイントやオンザコート「1」の第2クォーターを守る竹内公輔の高いリバウンドで再度逆転するが残り5秒、富樫勇樹のスティールからの速攻で千葉が「31対30」と逆転、前半終了。

第3クォーターも千葉の勢いは止まらない。
開始早々、富樫勇樹の3ポイントが決まる。
千蒲のオフェンスに対応しきれず、遠藤祐亮がファウルトラブルでベンチに下がる。
富樫→パーカーのホットラインが機能する中、アクシデントが起こる。
千葉の富樫勇樹と栃木の渡邉裕規がルーズボール争いで衝突。渡邊は10針縫う怪我を頭部に負い退場。さらに状況が厳しくなる栃木。
ラストは千葉の小野龍猛がフェイダウェイでブザービーターを決め、「54対45」で千葉リード。

第4クォーター、要所で決まる千葉・石井講祐の3ポイント、ライオンズの得点で差がじわりじわりと広がり、残り5分、千葉優位を印象付ける、富樫→ライオンズの豪快なアリウープが決まり、千葉の選手に笑みがこぼれる。
さらに、栃木・生原秀将のレイアップをブロックされ、逆に速攻をかけられ、一度はブロックするも、千葉・ギャビン・エドワーズがリバウンド、そのままゴールと明暗分かれたうえ、最大得点差12点となった栃木はたまらずタイムアウト。
完全な千葉ペース。

「LAST4分の逆転劇」
解説も「十分な点差」と伝えたこの4分から栃木の逆襲が始まります。
まずは相手ディフェンスのミスをつき、栃木・遠藤の3ポイント。
次に、ライアン・ロシターのバスケットカウント(放たれたシュートが決まり、かつ相手ファールでフリースローを得ること)
そして、千葉の攻撃を防いだ、大事なオフェンス。
ライアン・ロシターの3ポイントが外れるも、PGの田臥勇太がリバウンドに食らいつきコートを割ったボールは栃木ボール。
再開後、ショットクロック(シュートを打たなければならない時間制限)まであと2秒というところでロシターが得点。
残り2分半。5点差。

千葉のエース・富樫勇樹が嫌な流れを断ち切ろうと鋭いドライブを決める。

栃木のキャプテン・田臥勇太がレイアップで返す。残り1分40秒。再度5点差。

千葉の攻撃、栃木・ジェフ・ギブスの素早いチェック、乱れたパスをライアン・ロシターが奪い、ターンオーバー。
そのまま遠藤祐亮のジャンプショットが決まり3点差。
残り1分12秒でタイムアウト。

タイムアウト開け、千葉ボールでの再開。
ターニングポイントになるこのタイミングで栃木はダブルチーム(1人に対し2人でディフェンスにあたる)の勝負に出る。
ボールを奪った栃木は田臥勇太がシュートフェイクからファールをもらい、フリースロー2本をしっかり入れ、1点差。
残り48秒。

時間をかけて確実に得点したい千葉・ライオンズのドリブルに、再度、栃木・ギブスの左手が襲い掛かる。
ルーズボールになったボールを栃木・遠藤祐亮と千葉・富樫勇樹が奪い合い、富樫のファール。
栃木・遠藤祐亮が千葉ブースターの大ブーイングの中、2本中1本のフリースローを決め、同点。
残り時間27秒。タイムアウト。

タイムアウト開け、千葉、最後の攻撃。
エース・富樫勇樹を中央に残し、アイソレーション(オフェンス力の高い選手に1対1をさせる作戦)で勝負に出る。
残り3秒、富樫勇樹の3ポイントシュート外れる。
こぼれたボールを拾った、栃木・喜多川修平はゴールへ一直線。
残り1.4秒、千葉・富樫勇樹のファール。

千葉の反撃時間が無くなった中、栃木・喜多川修平
がフリースロー2本を入れ、劇的な逆転となった。

この試合、今シーズン最長となる約27分間のプレータイムを得た栃木キャプテンの田臥勇太は、
試合後の会見で「最後の最後までみんなが諦めず、1点でもいいから勝つという思いで戦った。どんな時も下を向かずに、
誰かがミスをしても次がんばろうとみんなで声をかけ合った」と振り返った。

関連記事

  1. U18女子アジア選手権大会

    U18女子アジア選手権大会 準優勝 U19女子バスケットボールワールドカップ2019出場決定

  2. イラン戦 男子日本代表

    バスケ ワールドカップ 2次予選 イラン戦勝利を現地レポート

  3. ジョーンズカップ ワールドカップ 女子 最終

    ウィリアム・ジョーンズカップ U17 ワールドカップ2018 女子 最終結果

  4. インターハイ 桜花学園 岐阜女子

    高校バスケ インターハイ 2018 女子決勝 桜花学園優勝

  5. Bリーグ セミファイナル・ゲーム2 シーホース三河VSアルバルク東京

  6. B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18 ファイナル アルバルク東京VS千葉ジェッ…

  7. ウィンターカップ2018 岐阜女子・女子優勝

    【女子決勝レビュー】ウィンターカップ2018 岐阜女子・女王決定

  8. アジア 女子 日本代表 銅

    アジア大会2018 バスケ女子日本代表 4大会連続の銅メダル

  9. FIBAバスケットボールワールドカップ アジア地区2次予選進出決定 アカツキファイブ圧勝 チャイニー…

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP