ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

【大詰め】地区優勝決定 決まるプレーオフ 新たな壁「ライセンス」

Bリーグ プレーオフ

Bリーグがラストの36節を残し、全地区の優勝が決まった。地区優勝にはその栄誉の他にも意味がある。プレーオフには8クラブが進出できるのだが、自地区で優勝したクラブにはクォーターファイナル(準々決勝)にあたるプレーオフ初戦をホームで開催できる権利が与えられる。日本一を目指すには取っておきたい権利だ!!

 

【西地区優勝・琉球ゴールデンキングス】

最速で地区優勝を決めたのは「西地区の琉球ゴールデンキングス」
琉球ゴールデンキングスは、第33節・京都ハンナリーズをホームに迎え、4月6日に勝利、3年連続のチャンピオンシップ出場を決め、勢いそのままに4月7日も京都ハンナリーズに連勝、36勝目を飾り、2年連続の地区優勝を決めた!

地区優勝 琉球ゴールデンキングス

【中地区優勝・新潟アルビレックスBB】

続いて地区優勝を決めたのは「中地区の新潟アルビレックスBB」
新潟アルビレックスBBは4月13日、アウェーで同地区2位の川崎ブレイブサンダースに80―78で競り勝ち、今シーズンの好調を表すような7連勝。レギュラーシーズン3試合を残して初の地区優勝を決めた。球団としては旧bjリーグ12~13年シーズン東地区優勝以来、6年越しのタイトル獲得。

地区優勝 新潟アルビレックスBB

【東地区優勝・千葉ジェッツ】

最後に地区優勝を決めたのは「東地区の千葉ジェッツ」
千葉ジェッツは、4月14日、アルバルク東京との第2戦目に87-76で勝利。東地区での優勝を決めた。初代チャンピオンシップの栃木ブレックス、2代目チャンピオン・アルバルク東京が所属する激闘の東地区で、歴代最多勝利数50勝(58戦中、残り試合2試合)、勝率は驚異の8割6分。もちろん、全体18チーム1位の成績でチャンピオンシップを迎えることになった。しかし、富樫勇樹は「うれしさはあるけど、優勝しないと」とあくまで日本一しか見えていない。

地区優勝 千葉ジェッツ

【新たな壁「ライセンス」で複雑になった今季の入れ替え戦】

チャンピオンシップが決定した裏では、降格・入れ替え戦も決まっている。
これまでの入れ替え戦ルールは、B1・全18クラブ中、下位4位から最下位までの4クラブが残留プレーオフに出場し、優勝すればB1残留。準優勝は入れ替え戦でB2クラブと対戦し勝利すればB1残留となる。
今シーズンもこのルールで行われるはずだったが、意外な「壁」が現れた。「ライセンス」である。
各クラブは、毎年、経営状況などを審査され、B1やB2といった各ステージに相応しいクラブかのライセンスを交付されているのだ。今回、この壁にぶつかったクラブがある。

【自動降格・ライジングゼファー福岡】

まずは「B1のライジングゼファー福岡」
2年連続の昇格でB3からB2、B1と破竹の勢いで登り詰めたライジングゼファー福岡だったが、B1一年目の今年、資金問題で、B1ライセンスが認められず、4月29日までに資金確保のメドを立たせるという条件付きの「B2ライセンス交付」となった。そのため、残留プレーオフ出場が決まっていたが、出場せずに自動降格が決まったのだ。B1からの自動降格がライジングゼファー福岡決まったため、B2への降格争いはレバンガ北海道か横浜ビー・コルセアーズに絞られた。

ライジングゼファー福岡 降格

【B1ライセンスを持たないB2クラブ】

続いて、B2の東地区優勝・群馬クレインサンダーズと中地区優勝・信州ブレイブウォリアーズにB1ライセンスが発行されず、B2ライセンス交付で留まり、B1ライセンス交付は、優勝クラブでは西地区の熊本ヴォルターズのみ。この地区優勝3クラブとワイルドカード枠でB2プレーオフに出場する島根スサノオマジック、4クラブのうち、B1ライセンスを持つのは熊本ヴォルターズと島根スサノオマジックのみ。
B1ライセンスを持つ熊本ヴォルターズと島根スサノオマジックのうち、B2プレーオフ成績上位クラブはライジングゼファー福岡との入れ替えで自動昇格。もう一つのチームは、ファイナルまで勝ち進めば上位2位が確定で自動昇格、3位になれば入替戦でレバンガ北海道か横浜ビー・コルセアーズのどちらかと対戦することになる。

ライセンス審議はBリーグの健全な運営のために必要である。今回の様に地区優勝やB2優勝をしてもB1ライセンスが交付されないため残留が決まってしまうケースやB2・金沢武士団の赤字によるB3降格などクラブ側の問題は、選手のモチベーションに大きく影響するだろう。クラブは「強くなる」だけではなく、スポンサー獲得やアリーナ経営を合わせた「賢くなる」必要を感じさせたプレーオフ前だ。

関連記事

  1. バスケのポジション番号とは

  2. FIBA U17女子バスケットボールワールドカップ2018

    FIBA U17女子バスケットボールワールドカップ2018 準決勝進出

  3. nba-all-star-2019 NBAオールスター

    【世界最高峰】NBAオールスター2019 キャプテン&スターターが決定 変更されたチーム編成とは

  4. スラムダンク奨学金とは 並里成

  5. 「3x3」って何だろう

  6. NBAサマーリーグとは 渡邊雄太の挑戦

  7. Bリーグ 2018-19

    【わかりやすく解説】Bリーグ 2018-19シーズン ルール変更

  8. 【2019年4月バスケ見どころ】Bリーグレギュラーシーズン終了 NBAプレーオフ

  9. オーストラリア 移籍 比江島慎

    比江島慎が移籍するオーストラリアのバスケとは NBLブリスベン・ブレッツ

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP