ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

千葉ジェッツ Bリーグ 2018-19シーズンデータ 

千葉ジェッツふなはし 2018-19

入場者リーグトップの実績を持ち人気ナンバーワンといっても過言ではない千葉ジェッツ。実力でも天皇杯連覇、激戦地・東地区制覇と確か。しかし、2年連続で逃したファイナル優勝、日本一の座。名実ともにナンバーワンを狙う千葉ジェッツをピックアップ。
(下へ)

【千葉ジェッツチームデータ】

・クラブ名の由来
成田国際空港があり、日本の国際窓口である千葉県。
その象徴とも言えるジェット機に、子供たちの夢、千葉県民の希望をのせて日本のみならず、世界に飛び立てるクラブを目指すという想いを込めて命名。
・ホームアリーナ 「船橋アリーナ」
・マスコット 「ジャンボくん」
・2017-18シーズン結果 「46勝14敗(東地区1位)ファイナル準優勝」
・2018-19チームスローガン 「Be Professional」

【千葉ジェッツ 2018-19選手一覧】

背番号・ポジション・身長・体重・選手名(〇は新規加入選手)

1番・PF/C・205・111・ジョシュ ダンカン〇

2番・PG・167・65・富樫勇樹

3番・SG・200・102・マイケル パーカー

5番・SG・184・84・田口成浩〇

7番・SF・196・98・トレイジョーンズ〇

8番・PF・197・99・大宮宏正〇

10番・SF・190・85・アキ チェンバース

11番・PG・177・70・西村文男

15番・PG・173・73・藤永佳昭〇

21番・PF・206・110・ギャビン エドワーズ

27番・SG・182・83・石井講祐

31番・SG/SF・187・88・原修太

34番・SF/PF・197・100・小野龍猛

HC 大野篤史

予想スタメン
PG・富樫勇樹
SG・原修太
SF・小野龍猛
PF・マイケル パーカー
C・ギャビン エドワーズ

【千葉ジェッツニュース】

契約期間内でNBAや海外リーグへ挑戦を許諾しながらも3年間の複数年契約が合意に至った富樫勇樹。ゴリラマッチョ、ハラーニ・原修太、キャプテン・小野龍猛、アメリカ仕込みの日本国籍・アキ チェンバースも契約継続。さらに3年目の外国籍枠についてのレギュレーション変更は千葉ジェッツに恩恵をもたらし、スコアラー・ギャビン エドワーズ、帰化選手のスティール王・マイケル パーカーと新外国籍選手、アメリカ出身の32歳、205センチ111キロのインサイドビッグマン・ジョシュ ダンカンが同時出場できる。また、新外国籍選手にはNBAインディアナ・ペイサーズの試合経験もあるトレイジョーンズも新規加入。国内では、名古屋ダイヤモンドドルフィンズから、3×3にも参戦している大宮宏正と、ディフェンス力に定評のあるPG・藤永佳昭が、昨シーズン、秋田ノーザンハピネッツでB2シーズンMVPを獲得した、3ポイントシュートの名手・田口成浩が移籍加入。千葉ジェッツのバスケスタイルである「アグレッシブなディフェンスから走る」スタイルにさらに磨きがかかりそうだ。

【KATSUもくポイント!】

メディア戦略で群を抜く千葉ジェッツ。昨シーズン、入場者15万5千人強でリーグトップ。「B.LEAGUE AWARD SHOW 2017-18」では、入場者数NO1クラブ・ホスピタリティNO1クラブ・ソーシャルメディア最優秀クラブの3冠を達成。ソーシャルメディアリーダーでは伊藤俊亮が、B.LEAGUE ファッションアイコンでは西村文男が受賞。圧倒的人気を誇る千葉ジェッツ。天皇杯を2連覇し、レギュラーシーズンでは激戦地・東地区を1位で制した。そんな千葉ジェッツが手にしていないタイトルがチャンピオンシップ優勝。初年度はクォーターファイナルで栃木ブレックスに、昨シーズンはファイナルでアルバルク東京に。2年連続で優勝クラブに敗れてシーズンを終えている。今シーズン、マカオで行われたテリフィック12では初日の広州ロングライオンズ戦、3日目の蔚山モービスフィバス戦と敗れ予選敗退。アーリーカップ関東では栃木ブレックスに敗れ3位に終わっており、チームの完成度が上がっていない千葉ジェッツ。しかし、この期間は、富樫勇樹が代表戦で不在、さらに初西村文男が試合中にケガを負うなど、戦力的にも厳しい場面があったのも事実。3年目の初戦は10月4日、観客動員数の功績が評価され、千葉ジェッツと川崎ブレイブサンダースの一戦で開幕する。ニック・ファジーカス擁する川崎ブレイブサンダースは千葉ジェッツと同じくレギュレーション変更の恩恵を受け2018-19シーズンの優勝候補、そして1万人収容アリーナ構想しており、入場者数でもライバルとなる。川崎ブレイブサンダース、アルバルク東京、栃木ブレックスと人気と実力を兼ね備えた強豪ひしめく関東。千葉ジェッツは念願のファイナル優勝を果たし、名実ともにナンバーワンになれるか。3年目のフライトに刮目だ。

関連記事

  1. 第40回ウィリアム・ジョーンズカップ

  2. アジア競技大会 3人制バスケットボール 女子日本代表 初代銀メダル

  3. アジア大会 女子 日本代表 香港戦

    アジア競技大会2018 バスケ女子日本代表 香港に大勝

  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

    【2019年3月バスケ見どころ】第20回Wリーグプレーオフ NCAAトーナメント

  5. バスケットボール女子日本代表国際強化試合2018 チャイニーズ・タイペイ戦

  6. 大神 雄子 女子バスケ界のレジェンド

  7. アジア競技大会 アジア大会

    アジア競技大会2018 バスケ 日本代表メンバー決定

  8. インカレ2019 優勝決定 男子・東海大 女子・東京医療保健大

  9. バスケ 日本代表 男子 アカツキファイブ

    バスケ男子日本代表 アジア地区 2次予選 24名メンバー決定

最近の記事

  1. コービー・ブライアント
  2. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  3. Bリーグ プレーオフ
  4. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー

おすすめ記事

  1. コービー・ブライアント
  2. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  3. 日本代表 アカツキファイブ
  4. FIBAWC2019
  5. クレイ・トンプソン
PAGE TOP