ホットワードをわかりやすく!注目の記事 PICK UP!

Bリーグ チャンピオンシップセミファイナル分析予想

まもなく始まるチャンピオンシップセミファイナル(準決勝)

勝ち残った4クラブはいずれもクォーターファイナルでホームゲームを戦ったチーム。つまり、チャンピオンシップ出場順位通りの上位4クラブが勝ち残った。ここでセミファイナル(準決勝)を分析予想。まずはシーホース三河VSアルバルク東京。

チャンピオンシップ出場順位1位:シーホース三河
Bリーグ初年度である昨季のCS準決勝で涙をのんだ栃木ブレックスにクォーターファイナルでリベンジは果たし勢いに乗る。
エース・比江島慎・・・クォーターファイナル第2戦、栃木ブレックスに1点差に迫られた場面でアイソレーション(得点能力に優れた選手を孤立させ、1on1を仕掛けるオフェンス)を任され見事、ビックショットを沈めた絶対エース。チームからの信頼は絶大で、ピック&ロールからのシュート数はチーム最多。決定率も高くCS出場の日本人選手ではただ1人レギュラーシーズン4Q累計で200点以上を挙げている。その得点力の源は変幻自在のステップ。その名も「比江島ステップ」だ。ゾーンに入った時の集中力は凄まじく「比江島タイム」と呼ばれている。
シューター・金丸晃輔・・・Bリーグ初年度である昨季、ベスト3P成功率賞とベストFT成功率賞のダブル受賞を果たした、シーホース三河の金丸晃輔。3ポイント成功率は235本中100本で42.6パーセント、フリースロー成功率は153本中139本で90.8パーセントを記録。
ポストプレーの名手・桜木ジェイアール・・・1試合平均15.3得点、同8.4リバウンド、同5.3アシストをマーク。得点、リバウンド、そしてアシストができるビッグマン。41歳、アメリカ出身の元NBAプレイヤーだが日本国籍を取得しているため、タイムシェアが前提の現代バスケにおいて平均出場タイムが29分とチーム最長。

この3人でチームの69%以上の得点を量産。インサイドの桜木ジェイアール、アウトサイドの金丸晃輔、エース・比江島慎を同時に止めるのは至難の業。
さらに、クォーターファイナルで田臥勇太をタフディフェンスで抑え込み3ポイントシュートも決めるキャプテン・橋本竜馬。1試合平均9.8リバウンドをマークした、208cm・133kg・巨人アイザック・バッツ。3月にデビューした新戦力コートニー・シムズ。シーホース三河の攻撃に死角なし。

一方の対戦相手は、

【チャンピオンシップ出場順位4位:アルバルク東京】
アルバルク東京の攻撃の特徴は、速攻をせず、ピック&ロールを丁寧に繰り返す、堅守堅攻だ。現代バスケ、そして世界を目指す日本バスケのなかで最重要プレーともいえるピック&ロール。アルバルク東京はシーズン最多のピック&ロール使用数を誇る。
大黒柱・田中大貴と元NBA戦士アレックス・カーク。この2人のピック&ロールからアリウープやロング2ポイントシュートと多彩な攻撃が展開される。

【注目点】
シーホース三河のディフェンス。キャプテン・橋本竜馬、狩俣昌也とタフなディフェンスのイメージのシーホース三河。しかし、バッツの機動力ゆえにアウトサイドとインサイドの中間地点でノーマークが生まれやすい。クォーターファイナルでもライアン・ロシターのフローシュートがこのエリアで活躍した。
アルバルク東京の田中大貴とアレックス・カークはミドルレンジからのシュートも得意なため、このエリアのシュート成功率が1つのカギとなる。また、アルバルク東京は積極的なスティールを狙わず、粘り強く相手にタフショットを強いる堅守が特徴だ。シーホース三河はいかに速い攻撃でフリーの選手が生み出せるか、もしくは、タフショットの成功率が高められるかが勝負の分かれ目になる。

関連記事

  1. 比江島慎 ステップ タイム シーホース三河

    比江島慎 日本のエースの未来は

  2. アカツキファイブ日本代表 オーストラリア戦 試合レビュー

  3. クレイ・トンプソン

    【負けず劣らずのスター選手】NBAオールスターゲーム2019 リザーブ選手14名決定

  4. 新潟アルビレックスBB Bリーグ 2018-19

    新潟アルビレックスBB Bリーグ 2018-19シーズンデータ

  5. アジア競技大会 3人制バスケットボール 女子日本代表 初代銀メダル

  6. シーホース三河 Bリーグ 2018-19

    シーホース三河 Bリーグ 2018-19シーズンデータ

  7. 大神 雄子 女子バスケ界のレジェンド

  8. ワールドカップ 日本代表 男子

    バスケ 男子日本代表 ワールドカップ2019出場への条件と予想

  9. チャンピオンシップセミファイナル分析予想2

最近の記事

  1. 第32回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2019
  2. Bリーグ プレーオフ
  3. ワールドカップ予選 組み合わせ コービー
  4. NCAAトーナメント マーチマッドネス

おすすめ記事

  1. ワールドカップ2019 最終戦 日本代表 アカツキファイブ
  2. 日本代表 アカツキファイブ
  3. FIBAWC2019
  4. クレイ・トンプソン
  5. nba-all-star-2019 NBAオールスター
PAGE TOP